芦屋美和鍼灸院の想い

ホームページを訪問してくださいましてありがとうございます。
女性鍼灸師が家族のいろんな疾病や症状に悩んだことを通じて
『どうしても知ってほしいこと』を伝えたいという願いから始めた芦屋美和鍼灸院です。

鍼灸治療は摩訶不思議な奇跡をおこすもの?
いいえ、それは違います。
あなたの体からは「ここが悪い」というお知らせがいつも発信されています。それを見逃さずしっかり手当てすることで、本来のあなたの体が戻ってきます。ケガを手当てするのと同じ、体の中で起きているからわからないだけなんです。
摩訶不思議とか魔法とかではなく、体のメカニズムを使った理論的な方法で体を整えていきます。
私ができるのはお手伝い、あなたが「治したい」と決意することで、ようやくベクトルの方向が治癒に向きます。
そして、ずっとケアされないでいると「もう無理だ」と体は戻らない状態になることがあります。そろそろ踏み出しませんか?
よそで治らないと言われた、もう年だから仕方ない、そんなことはありません。一緒にやっていきましょう。
まずは、あなたの体はどこから信号が出ているのでしょうか?

あなたの体のどこから信号は出ているの?

あなたの肩はなぜ凝るのでしょう。
あなたの腰はなぜ痛むのでしょう。
あなたの膝はなぜ痛いのでしょう。
あなたの頭痛はなぜこんなに起こるのでしょう。
あなたはなぜこんなにもやる気が出ないのでしょう。
あなたはなぜふらつくのでしょう。
あなたはなぜいつも気分がすぐれないのでしょう。

それにきちんと答えられる施術を選んでください。そうでなければ、おそらく施術してもすぐに戻ってしまうでしょう。

さて答えですが、それは「あなたの内臓が悲鳴を上げている」からです。

「内臓??
悪いと言われたことないけど…」

ほとんどの方がそうですね。ただ、良い状態を100としたとき、悪いは0ですか?
自覚できるのは、どのパーセンテージなのでしょうか?
検査などでわかるのはおそらくかなり低くなってからだと思います。
ダムの水だって、何割かに水位が下がると、このままいくと危険と警報が出るように。
あなたの体はまだ危険なほど下がってはいないかもしれません。
でも、少しずつ少しずついろんなところに不具合が出始めているのです。

さて、最初の質問の答えの続きです。
肩こりは鼻、
腰痛は下腹部、
ひざも下腹部、
頭痛は鼻、
やる気が出ない人は耳、
ふらついたり、気分が悪い人も耳…

まずは、そこから大量の信号が出続けになっています。夜も、昼も、寝ている間も…あなたにずっと知らせてきています。

その信号はなぜ出るようになったのでしょうか?

なぜその信号が出るようになったの?

「内臓?悪くないよ」
と思われた方もいるでしょう。

しかし、生体は常に微生物や菌やウィルスなどにさらされています。
それらは体の中に炎症を起こします。
内臓の炎症は自覚できない体の仕組みになっています。いちいち痛かったら大変だからかもしれません。

炎症ができると体は治そうとします。
「どこかに異常あり!」という信号は交感神経という自律神経に届きます。体のセキュリティシステムが作動します。連絡が入るとその異常がある担当エリアが活動を開始します。
その担当エリアとは神経がそれぞれの範囲を支配しているところです。セキュリティシステムが作動すると、神経が支配しているエリアの異常を正常化するためにさまざまなメカニズムがスイッチオンになります。

ところで、内臓というと心臓とか胃とか肝臓とか腸とか、そんなイメージがありますが、目や鼻や耳や喉も内臓なのです。

炎症はいろんな内臓や組織にできては治るということを繰り返しています。
そして、それが病気や混乱を引き起こしていきます。

どういうことかと言うと、例えば鼻が慢性的に炎症を起こしていると、鼻を支配している神経が担当しているエリアすべてにセキュリティシステムがはたらきます。
肩や首、背中のエリアが騒がしくなります。
それは、周辺エリアも巻き込んで、あちこちが不調になります。
どこかに通れない道があると周辺道路は渋滞しますね。事故もケンカも起こりますね。

あなたの体で起きているのはそんな体の組織間のトラブルなのです。

ちゃんと交通整理をしてあげないといつまでたっても渋滞は解消しません。そして、交通整理をするとそのときは渋滞は解消するでしょう。
でも、通れない道をそのままにしておけば、また渋滞は起こってきます。

通れない道をそのままにしている=通れなくなっている原因をそのままにしている
(※道という例えであって経絡などのことではありません)

あなたがきちんと自分の内臓のトラブルをケアしないのはそれと同じなのです。

交感神経というセキュリティシステムは、全身の血管や筋肉、皮膚、組織などを司っています。

体は恒常性(ホメオスタシス)といって、常に一定レベルを保とうとしています。それは体温、脈拍、血圧、血液の状態など…生命維持のために必要なあらゆる体の機能を交感神経は守っています。

あなたの不調は交感神経がちゃんと働いているから起こっているのです。

自律神経は交感神経と副交感神経があり、そのバランスが崩れることで不調が起こる…

聞いたことがあると思いますが、それは違います。

あなたの自律神経がちゃんとはたらいて、あなたの体を必死で元に戻そうとしているから不調なのです。

交感神経と副交感神経がシーソーでバランスを取っているのではなく、あなたの交感神経が過度に興奮し過ぎているのです。セキュリティシステムがフル活動している状態なのです。副交感神経のはたらきが相殺されてしまっているのです。まずは早く、興奮している交感神経を静めてあげなければいけません。

よく聞きますが、自律神経失調症ということはあり得ません。自律神経が失調すると生命は維持できません。

つまり、自律神経失調症と言われている症状もどこか内臓のトラブルが原因で起きているということです。自律神経が弱くて不幸な体だから治らないということはありません。
では、どのように交感神経の興奮を静めていくのか、どんな鍼灸治療をしていくのかをご説明いたします。

芦屋美和鍼灸院の治療とはーどんな鍼灸治療をするの?

芦屋美和鍼灸院では、反応点治療という新しい鍼灸治療術で施術します。

あなたの体の中から発信された信号(内臓のトラブルが原因)は、交感神経を興奮させ、皮膚や筋肉を変化させてしまいます。
あなたの皮膚がどのくらい影響を受けているのか、あなたの筋肉がどのくらい緊張状態にあるのか、触ることで判断していきます。さらに、その状態から内臓のトラブルのレベルがどうなのかを読み取り、どの程度の治療で改善できるのかを推察していきます。
あなたの体がどんな風に悪く、どうすれば改善していくのか、先のあなたの状態がわかるのです。あなたが気づいていない将来のトラブルの芽となるところもわかります。

それに向けて、ただひたすら丁寧にひとつひとつとお体と対話しながら進めていきます。
あなたの体が
こちらが求めているような状態まで変化=改善
するまで、さまざまなことを判断し、あらゆることを考えてアプローチを重ねます。

いつ行っても同じツボに同じように鍼を打って置いておくということはありませんし、たった数本打っただけで改善するということもありません。

丁寧に丁寧に、ひとつひとつ、あなたのこんがらがってもつれた神経という糸をほどいていく…
とても根気のいる治療をしていきます。
単純な方もおられれば、こんがらがりすぎて手強い方もおられます。

でも、とにかくあきらめない。

そこで本当に大切になってくるのが、あなたの「治したい!」という想いです。最終的に舵を切るのはあなたなのです。

お体と対話を重ねていく、お任せ状態ではなく患者さんご本人と二人三脚で底力を上げていくと、本当に体は応えていきます。
患者さんと一緒に最短最速で底上げをして再発しにくい体を作っていく。
これが芦屋美和鍼灸院の治療であり信念です。

交感神経の興奮によって、さまざまな混乱を引き起こしている体を交通整理していきます。

オーダーメイド治療と言う言い方になるのですが、ひとりひとりが
違う、その日の調子によっても異なるので、当然毎回治療は違ってきます。

どこに鍼を打つ?、
どのくらい置く?
お灸を使う?
鍼の本数は?
それから?

そこで本当に大切になってくるのが、あなたの「治したい!」という想いです。それは大げさかもしれませんが、あなたの人生の舵をあなたが切るということです。

あなたの不調がどこからくる信号なのかを速やかに突き止めなければなりません。

どうやってそれがわかるのでしょうか?
さらに詳しく治療方法を説明させていただきます。

芦屋美和鍼灸院では反応点治療を行います。

あなたの皮膚がどのくらい影響を受けているのか、あなたの筋肉がどのくらい緊張状態にあるのか、触ることで判断していきます。さらに、その状態から内臓のトブルのレベルがどうなのかを読み取り、どの程度の治療で改善できるのかを推察していきます。
あなたの体がどんな風に悪く、どうすれば改善していくのか、先のあなたの状態がわかるのです。あなたが気づいていない将来のトラブルの芽となるところもわかります。

ただ、治療に来ていただくだけでなく、お体との対話の仕方を私は患者さんにお伝えします。
あなたの体はあなたにしか治せません。
患者さんと一緒に最短最速で底上げをして再発しにくい体を作っていく。
これが芦屋美和鍼灸院の信念です。