腰痛などの施術例

腰痛や足の痛みのような症状でも、まずは症状の原因を作っている大きな要因と考えられる下腹部を診察していきます。仰向けになっていただき、丁寧に下腹部(消化器、膀胱、生殖器など)を診ていきます。胃が悪い、便秘がち、頻尿など腹部の症状があると背中の筋肉に影響します。腹部に不調があれば施術を行います。さらに骨盤のバランスなどを調整します。それから、うつ伏せになっていただき、背中や腰周辺の施術に移ります。仰向けのときの施術でかなり変化しますが、残っているところを緩めていきます。背部は大きな筋肉が影響しあっており、全体の状態を整えることで痛みが緩和、解消します。腰痛だからといって、そこだけ施術しても改善しないところです。