自律神経のことー①自律神経って?

よく聞く言葉、自律神経。そのイメージはどんな感じですか?

交感神経と副交感神経とがあって…ということはご存じかもしれません。

体の中に二つの大きな神経があるような感じ?と思われる方もおられるでしょう。

はい、それは少し違うのです。

神経って一本ドーンとあるのではなくて、無数のケーブルみたいな感じなのです。

では、神経って?

脳と体のいろんな箇所の情報が往き来する道のようなものです。

その道の情報に基づいてちゃんと体の各器官が働くことで、生命は維持されています。

ホメオスタシスと言います。

自律神経は自分の意思でコントロールすることはできません。

だから、自律神経に関する不調を自律神経失調症という言葉で表現するのでしょう。

でも、本当に失調…失われたら死んでしまいます。

そう、自律神経は失調しないのです。

ホメオスタシスを維持するために、自律神経は何をしてくれているのでしょう。

それは、次回にもう少し詳しく見ていきます。

明けましておめでとうございます。

コロナで翻弄された2020年も過ぎました。

年が改まったことを機に気分も一新してまいりましょう。

今年は院長ブログをテーマを決めて書いてみたいと思います。

1月は、自律神経について書いていく予定です。

あなたは原因不明の不調を感じておられるでしょうか?

それは自律神経が関わっているかもしれません。

体の不調もあまりに我慢を続けてがんばってしまうと、治る時期を逃してしまいます。

また、治るのに時間がかかるようになってしまいます。

大切な体をくれぐれもいたわってあげてくださいね。

次回からは、なぜそうなってしまったのか、どうしたらいいのか、そんなお話を書いていきます。

はてなブログでも色々な事を書いています。
こちらも見て貰えると嬉しいです。