本気で治したい方向けの治療です

体の中に悪いところがあると、そこから自律神経に働きかけ、細胞の状態を整えようとします。内臓器官の不具合は、小さな痛み信号を脊髄に届けます。脊髄では、自律神経である交感神経の細胞に連絡して、その連絡を受け取った皮膚の環境を変えてしまいます。そこには周囲の皮膚と違う、自律神経からのシグナルが現れます。

シグナルの箇所に施術すると、内臓器官の不具合が解消され、それと同時につらく感じていたところが改善されます。つらいと感じていたところだけでなく、自覚していない不具合まで施術します。免疫細胞が活性化されますので、疾病を予防することができます。血液の循環改善・リンパの循環改善・免疫細胞の増強などが次々に起きるからです。皮膚は鍼灸刺激を受け止める神経の繊維がどこよりも密に分布しているので、小さな刺激でもより大きなインパクトがあります。
その刺激は脊髄を経由して内臓の自律神経つながり、それで内臓の状態が整います。

筋肉痛や肩こりなどの原因は?

内臓などの不調は、「内臓求心神経」という内臓からの信号を送る神経によって脊髄に伝えられます。そのシグナルは「運動神経」という筋肉への信号を送る神経によって伝えられ、筋肉の緊張を招きます。あたかも、筋肉が勝手に硬くなって痛みを生じたように感じますが、実は、その痛みのおおもとには、内臓器官の不具合、病名がつかない小さな疾病状態が存在します。ですから、内臓を治療して、筋肉に影響する原因となっているところを解消しなければ、筋肉の状態は根本的には改善されません。(一過性なら緩ませることはできます)

痛みの治療は?

筋肉には取り巻いている膜があり筋膜といいますが、緊張している筋肉と隣り合う筋肉との間で筋膜にゆがみが生じ、痛みのセンサーを刺激します。
そのゆがみを皮膚の上から見つけ出し施術をすると、筋肉に備わる体の仕組みで反射が起こり、脊髄で筋肉の興奮を抑制して弛緩させます。これを逆転伸張反射といい、自原抑制といいます。緊張していた筋肉が緩むと、隣り合っている筋肉との間のゆがみが戻り、痛みのセンサーが興奮しなくなります。筋肉のゆがみを解消させると痛みが消えます。 ただし、根本的な原因を解消していなければ、時間とともにまた筋肉のゆがみがまた生じるので、一時的には痛みが消えても、またすぐに戻ってしまいます。

根本原因を断つことが大切です

シグナルを検出してそこに施術します。それが解消されるとつらさも解消されます。患者さんにも分かりやすい治療です。自律神経を介して免疫細胞の活性を高めて、疾病を予防します。 シグナルはその人、その時の障害や病状に応じて異なります。

小波津式整体とのハイブリッド治療

小波津式整体では、神経伝達のズレを脳が覚えてしまい、慢性の痛みを作り出すと考えています。

痛みのセンサー(受容器)を刺激し、中枢への求心性情報伝達を行い、

必要な規模、部位でそれに合った遠心性情報伝達を誘発し、

神経伝達物質(アセチルコリン)の分泌を回復させる治療です。

脳は最大の神経ネットワークの集合、そこにアプローチすることで、つながりにくくなっていた神経をつなげると、

動きにくくなっていた関節が動かせるようになったり、内臓の状態も変えられるということが起きてきます。

何よりも、やさしく触れることが整体の重要なことで、痛みがありません。

そして、無理に動かすようなこともありませんので、動きが悪くなっている方も安心して受けていただけます。

強く皮膚に触れるだけで、実は悪くなることがあります。当たり前のように行っているストレッチやマッサージが

あなたの状態を悪くしていることがあります。

治療院の雰囲気はやさしいですが、リラクゼーションではありません。

本気で治したい方に本気で取り組む治療です。